マレーシアの経済や政治に関するニュースをピックアップしていくサイト.

menu

マレーシアNEWS★PickUP!ブログ

ギリシャ危機の中でも比較的安全なマレーシアの経済

2015年6月にギリシャ危機とマレーシアの関係性はそれほど大きくないと指摘するニュースが上がりました。

ギリシャの経済は昔から注目されており、深刻なときもあれば、回復したというニュースも頻繁に立ち上がるため、かなり安定とはほど遠い状況で油断ができません。

ギリシャ危機はギリシャの「デフォルト」という状況が目前に迫っています。

世界中の経済に影響を与えるものとして知られていますし、日本にもどういった方面からその事実が浮んでくるかわかりません。

しかし、近年のニュースでは世界中の経済に対する影響は、予想よりも少なくて済むという意見が出ており、影響が出るとしてもギリシャ経済と関係の深い一部の国だけということになるようです。

ただし、マレーシアの場合、直接影響が出ることはありませんが、投資家の動向によっては間接的な影響が出る可能性があります。ですから、今後はこの間接的な影響をいかに乗り越えられるかに期待がかかります。

マレーシアは親日国ということもあり、日本企業を快く迎え入れてくれます。

もともと日本にならう政策を打ち出したことが発端のようですが、経済成長が顕著な近年では企業の海外進出も盛んに行われることと思います。

なにしろすでに一割以上は日本企業というデータもあるほどで、飲食や建築、服飾など、幅広い業種が揃っています。マレーシアの経済が変るということは、巡り巡って日本の経済に影響を与えることになりかねないと思います。

といっても、マレーシアは日本に限らず、かなりビジネスに向いた国の特徴を持っています。

政府側の受け入れ、医療面、治安の面、IT関係のインフラが整っていることから事業を始めやすく、またそれを発展させやすいのです。

実際に世界中の国から評価を得ており、治安が良いこと、政治が安心できることなども注目されています。

私の友人もマレーシアでリアル店舗のビジネスを展開していて既に3店舗目に着手されています。現地のスタッフを雇い、責任者には日本人が入っています。過去に別の日本人が持ち逃げした経験がありますが、別の日本人を据えて事業を継続しているとのこと。

マレーシア人のスタッフはしっかり働いてくれてたということですので、働く意欲も強いという側面が見えますね。

また、政府に事業が認められれば、税金関係の緩和措置を行ってくれるため、もしギリシャ経済がさらに悪化したとしても、これから先、企業の海外進出先の有力地であるという事実はしばらく変らないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

カレンダー

2020年8月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31