マレーシアの経済や政治に関するニュースをピックアップしていくサイト.

menu

マレーシアNEWS★PickUP!ブログ

日・マレーシア首脳会談とマレーシアの日本人旅行者向け施策

2015年5月、日・マレーシア首脳会談が開かれました。この首脳会談では、両国の発展の為に今後5年間でマレーシアからの人を500人受け入れることを決めました。マレーシア日本国際工科院で学んでいるASEAN各国からの留学生を、支援金を通じて支援する方針も固めました。

また、マレーシアでは、2015年の日本人訪問者の数を前年比8.5%増の60万人を目標とすることを決定しました。

日本人の旅行客増加をめざし、マーケットを絞り、今まで以上に魅力的なプランを立てて日本人にアピールしていくようです。

今までのOL層、サラリーマン層、企業のインセンティブ旅行、教育旅行、シニア層以外にも今年はロングステイをする人たちを増やすそうです。

また、ゴルフにも力を入れていく方針です。 現在でも、首都クアラルンプールから車で1時間ほどでジャングル・ビーチ・歴史上の史跡やゴルフ場に行くことが出来ます。

そういった中でゴルフ場が増えることで、ゴルフが好きな世代にとってとても魅力的な場所となるのではないでしょうか。 具体的な訪問者数として、ゴルフ、ロングステイで最大5万人程度を見込んでいます。

マレーシアは安全で物価が安く、医療もしっかりしています。食事も美味しく、ロングステイしたい国1位に9年連続で選ばれているため、この取り組みに期待が持てそうです。

また、マレーシアでは外国人に10年滞在可能なビザも発行しており、日本である程度の年金を受け取っているような世代でも物価が安いため十分に暮らしていける水準となっています。

マレーシアでは、今年新たな取り組みとしてマレーシア独自のアートやグルメ、文化や歴史などをお祭りやイベントを通して紹介しています。

マレーシアは多民族国家であるため、民族に応じて様々なお祭りが開催されています。

今は新たに、ラマダン中に飲食が可能となる時間に合わせて食べ物を売る「ラマダン・バザール」や、断食明けの食事体験が出来る「イフタル」などが実施され、マレーシアへの渡航客を増やす動きに注目が集まっていると感じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

カレンダー

2020年8月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31