マレーシアの経済や政治に関するニュースをピックアップしていくサイト.

menu

マレーシアNEWS★PickUP!ブログ

マレーシア世界競争ランク15位→12位へ

マレーシアの政治・産業界に関するニュースといえば5月にナジブ首相が来日、安倍首相と会談を予定している点がまず挙げられます。おもに経済面に関する話し合いがもたれることと思われますが、中国の膨張に危機感を覚えている点で一致している両国がどのような形で関係強化を目指すのか、注目したいところです。

また、同じく5月には世界競争力ランクが発表されました。これは政府効率やビジネス効率、インフラなどのカテゴリから採点されたもので、マレーシアは12位、前年は15位だったので順位を3つ上げたことになります。IT関連をはじめとしたインフラ環境の整備などが評価されてのものと思われます。なお、日本は21位。この点からもかなり高く評価されていることがわかります。

このように経済面の好調が話題になることが多いマレーシアですが、まったく問題がないわけではありません。とくにここにきて話題になっているのがマレーシア航空の再建問題。再建か、破綻かで議論が割れてきましたが、ここにきて破産の選択肢が浮上してきました。首相による「必要なら破産も」という発表からもこの問題の深刻さがうかがえます、

政治方面では日本と同様、国民の政治不信も大きな問題となっているようです。5月にトランスペアレンシーが実施した調査では「汚職最悪の組織」という項目において「政党」と答えた人がもっとも多かったとの結果が出ています。ちなみに2位は警察。国民の不満に応える形で政府が行っている汚職対策も評価されていないようです。東南アジアでは政治が安定しているといわれるマレーシアでも、こうした政治不信を抱えているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031