top-image画像

マレーシアで働く方法の1つ、現地採用を目指す

マレーシアへ活路を見出す日本人ビジネスマンも増えている。もともと現地に進出する日系企業も多く、経済的に緊密な関係にある日本とマレーシア。

最近では日本人が直接マレーシアで現地企業に就職するケースも増加傾向にある。行き詰まりが叫ばれている日本よりもまだまだ将来性が見込めるマレーシアで自分のビジネスを試してみる、ということだろう。

ではマレーシアの現地企業に就職するためにはどのような準備やスキルが求められるのだろうか。日本からマレーシアの現地企業への就職を目指すためにはまず求人情報を見つけられなくては話にならない

しかしこの基本的な部分で躓くケースもじつに多い。方法としてはいくつかの選択肢があるが、もっとも近道なのは人材紹介会社の利用となるだろう。海外からの求人を多く取り扱っているところを選ぶとよい。

この手のサービスは無料での利用が原則のため、とりあえず登録した上でどれだけマレーシアからの求人が多いかを確かめてみるとよいだろう。現地採用を目指す方におすすめなのはJAC Recruitmentという人材会社だ。マレーシアにも支社があり情報を得やすい↓

 

人材に求められる要件等

なお、求人に応募する場合にはさまざまなスキルや経験が問われることが多い。その条件を満たすことが大前提となるわけだが、とくに重要なのはやはり語学力。マレーシアは旧イギリス領ということもあり、英語能力がまず求められる。この点はむしろ恵まれているといってよいだろう。

職種や業種によって求められる語学力のレベルは異なるが、現地企業に就職する以上、日常会話と意思の疎通が問題なくこなせる程度は必須となるだろう。

日本人は比較的現地採用において恵まれた条件にある。ただマレーシアでは外国人の就労には厳しい条件を設けており、原則として27歳以上であることが大前提。ただIT関連職だけは23歳以上と基準が緩い。そのうえで雇用企業において就労ビザを取得する必要がある。

近年では5年、10年といった長いスパンでマレーシアで働き、活躍する日本のビジネスマンも増えている。日本人にとっても可能性がある市場といえるだろう。人材紹介会社を利用すれば踏まえておくべきポイントもアドバイスしてもらえるため、まずはそこからはじめてみてるとよいだろう。

トップページ

このページの先頭へ