top-image画像

職種と求められる人材像

マレーシアの現地日系企業への就職を考えている場合に、考慮したいのが採用される基準や求められるスキルです。

語学力

現地日系企業で勤務する場合で求められるスキルの一つに語学力があります。

マレーシアの公用語は英語、マレー語、中国語です。日系企業であっても従業員は、マレーシア人が大半を占めるためコミュニケーションはそれぞれの言語になりますが、多民族国家なのでまず英語力が必要です。

TOEICスコアでは、できれば800点レベルがあるとストレスなく仕事ができます。中国語については、HSK6級レベルのスキルがあると良いでしょう。マレー語は、日本で学べるツールが限られているため、現地に行ってから学ぶ人も多いです。公式文書はマレー語です。

いずれにせよ専門用語等は現場で学ぶしかありません。

製造業、エンジニア求人多め

現地のスタッフ(マレー系、中国系)とともに仕事をする事になるので、仕事上の要件を伝えたり、製造業や工場での仕事が多いので技術指導ができたりするようなスキル、現地スタッフをまとめ上げられるリーダーシップや管理力があると重宝されます。

マネジメント能力が重視されるマレーシアの日系企業では、日本で管理職クラスを経験していた人材やプロジェクトの企画や立案などを担当していた人材が求められるケースが多いです。

近年はIT化が進んでいることからシステムエンジニアやセールス・エンジニアも求められていますね。場合によっては英語力はそれ程問われません。

営業マンも多いですが日系企業相手のビジネスで日本人が求められています。英語力と日本人的ビジネスセンスが必要です。

職歴や経歴については、これまでの仕事の経験を生かせる求人を選んで働く事になります。基本的には即戦力採用ですが未経験者採用の求人も少し見られます。当然大卒が優遇されますが、高卒や専門学校卒でも採用されるケースもあります。

トップページ

このページの先頭へ

バイトサイト