top-image画像

駐在員の仕事では管理職候補、エンジニア多め

マレーシアで駐在員として勤務したい場合に求められる人物像や能力を知っておくと、転職の際に役に立ちます。

マレーシアに工場や駐在員事務所を構える企業情報を収集し、自分の働ける可能性のある企業がないかをリサーチします。製造業は、マレーシアに工場を設置する動きが加速していいて、駐在員として勤務できる可能性が高くなります。大手電機メーカーもマレーシアに複数進出していますので、今がねらい目だと思います。

それからマレーシアでみられる求人は工場管理やスタッフ管理といったマネージャーの求人は多めです。従業員を教育し、新たな技術を習得させたり、指導を行なったりするためには相手の信頼を得たり、わかりやすく教える能力が必要です。技術職では当然ながらこれまでの職務経歴が必要で即戦力ほど求められてきます。いままで日本で働いてきた職種と関連のない仕事へは応募すら難しいですしょう。

語学力や伝える力が必要なケースも

求められる能力に当たり前ですが言語力とコミュニケーション力があります。公用語はマレーシア語が挙げられますが、ビジネス上の言語力には、英語、中国語のスキルが含まれます。駐在員を目指す場合には、ハイレベルな英語力が求められるため、自分の英語スキルを伸ばしておくのは大切です。

ちなみに、駐在員の英語力はTOEICスコアで平均800点以上、TOEICでなくてもビジネス上の意思の疎通が可能なレベルの英語力が必要です。中国語ができると現地採用の従業員への技術指導ができるため、駐在員として勤務できる可能性が高まります。

英語や中国語が話せたとしても、コミュニケーションスキルがなければ駐在員として採用される可能性を引き下げてしまいます。

会話だけでなく、コミュニケーションスキルを磨いておくと、駐在員として勤務できる可能性が広がります。メンタリティが強い人である必要もあります。海外生活にはストレスがつきものですから、問題に耐えられるタフさが求められます。

トップページ

このページの先頭へ