top-image画像

駐在員は給料、待遇がいい?

マレーシアの駐在員として勤務することのメリットの一つは、賃金です。報酬は、日本を基準にして支払われるため現地の平均賃金の5倍以上の賃金が得られます。

マレーシア勤務の求人情報をリサーチしていくと、自動車業界や電機メーカーの駐在員の場合、月額50万円から100万円ほどの報酬が得られます。

大手総合商社勤務のケースでは年俸制で1500万円が平均的な額です。

電機メーカーの場合で管理職クラスになると、管理職手当が付与されるため、1000万円が平均の相場になります。

そのため、日本の生活とは一変しセレブな生活を送っている人が少なくありません。タワーマンションや高級住宅地でのレジデンスなどに住むこともできるので、海外生活を満喫してる人もいます。

もちろん求められるスキルも高い要求がされる場合が少なくありませんし、現地のスタッフを束ねるポジションとなる事がほとんどです。

福利厚生のこと

マレーシア駐在員の待遇面で特筆すべきなのは、福利厚生の充実です。現地採用の場合と違い、日本の福利厚生がそのまま維持されます。

厚生年金や社会保険、雇用保険や労災などの福利厚生に加えて現地での生活の保障があり、安全に生活ができるメリットもあります。

医療などの福祉も全て企業が責任を持って提供するため、安心して海外生活ができます。万が一の場合の保障が桁違いで大きいのが海外駐在員の特権です。

家族同伴での移住も

教育面でも待遇が違います。子どもがいる場合には、現地の日本人学校への入校以外にインターナショナルスクールへの入校も選択できる場合があります。

インターナショナルスクールでは、英語教育が重視され、在学中にハイレベルな英語を学べます。バイリンガルとして成長できるため、子どもの将来に大きな投資ができるのもインターナショナルスクールならではの魅力です。

海外駐在員であれば、家族への援助の面でも困ることはほとんどありません。

家族を日本に残した場合でも家族側に日本円で給料が支払われ、同額程度をマレーシア側で受け取れるような会社も見られます。

トップページ

このページの先頭へ

バイトサイト