top-image画像

マレーシアで働く2種類の方法を検討しよう

マレーシアといえば以前のような第1次産業に依存した経済構造とは異なってきており現代では製造業とハイテク・IT産業で先進国の仲間入りをしている段階にあると言える。

政治が安定してきたマレーシアには日本企業の進出も復活しつつあり駐在員として働ける可能性も増している。不景気の折には企業も駐在員を帰国させ経費削減の対策を取り、現地人の採用枠を増やすといった事があったが、現在は駐在員として派遣されるのも可能性が高いといえる。

駐在員として働くか、マレーシア現地で就職するか

働き方というか雇用のされ方としては2種類あり、それが日本企業に就職してマレーシア駐在となる方法と、マレーシアに設立された現地企業や日系企業に就職する方法となっている。

当サイトでお勧めしたいのはやはり高収入や好条件も可能な駐在員を目指す方である。もちろん現地採用にも魅力はあるが安定した生活、安全な生活を送れるほうをお勧めしたい。次の記事ではそれぞれの働き方と求人を探す方法についての詳細を記載しているので併せてチェックしてみてほしい。

駐在員として働く

  • マレーシア駐在員で働く
    順調な経済発展が続くマレーシア。もともと80年代以降に急速な工業化が推し進められた当時から日本とは密接で経済的なつながりを保ってきた。それが近年の市場の拡大によ…

  • 可能性のある業界
    マレーシアへ赴任したいと思う場合、可能性の高い職種を選んで就職するのが赴任への近道になります。赴任の可能性の高い順に紹介すると、可能性が最も高いのが製造業です…

  • 駐在員の給料はどれぐらい?
    マレーシアの駐在員として勤務することのメリットの一つは、賃金です。報酬は、日本を基準にして支払われるため現地の平均賃金の5倍以上の賃金が得られます。マレーシア勤務の求人…

  • マレーシア駐在員として求められる人材像
    マレーシアに工場や駐在員事務所を構える企業情報を収集し、自分の働ける可能性のある企業がないかをリサーチします。工場管理やスタッフ管理といった管理力が必須な管…

 

現地採用をめざす

  • マレーシア現地採用で働く
    マレーシアへ活路を見出す日本人ビジネスマンも増えている。もともと現地に進出する日系企業も多く、経済的に緊密な関係にある日本とマレーシア。最近では日本人が直接マレ…

  • 日系企業に求められる人材像
    マレーシアの現地日系企業への就職を考えている場合に、考慮したいのが採用される基準や求められるスキルです。現地日系企業で勤務する場合で求められるスキルの一つに語…

  • 現地採用求人をピックアップ
    マレーシアで働く手段として現地の「日系企業」に就職するというのは可能性の高い1つの方法ですね。ここではマレーシアの現地採用の求人例をいくつかピックアップしてきまし…

 

職種別に見てみる

  • 日本人向けにこんな求人がある
    日本語ができる人むけに出ている求人をリサーチしてみると、次のような職種が検索できます。マーケティングアシスタント、CEO秘書、店舗マネージャー、MD補佐、企画営業、…

  • トップページ

このページの先頭へ

バイトサイト