top-image画像

マレーシア 求人を探すなら

経済発展が順調なマレーシア、日本企業からの投資額も増加し、政治も安定して失業率は低下して求人も増えています。

しかし誰でもすぐにでもマレーシアで働けるような求人が出ているというケースは多くはありませんので、マレーシアの求人を探す場合にはあらゆる可能性から調査、情報収集していく必要があります。

例えば日本の会社でマレーシアに進出している会社を探すのが1つの手段です。日本採用でマレーシアに赴任・駐在となる方法です。

また現地法人を設立している日系の会社の求人を探したり、マレーシア企業に勤めるべく現地で就職活動をする方法がありますが、こちらは「現地採用」といいます。

日系企業ならまだしもマレーシア企業では日本人向けの求人はなかなか見つからないでしょう。元々国内の雇用を守る制度が出来ているし、日本人が必要とされる職業に現地のマレーシアの人が就くケースが増えているからです。

ではどうすればよいか?

そのため、日本人でマレーシア求人を探そうと思ったらマレーシア駐在員の求人を探すか、日系企業の現地採用を狙うのがまず可能性が高くなります。

希望の求人がスグ見つかることは稀なので、人材紹介会社に登録して希望を伝え、探してもらう必要があります。

海外向けの人材紹介会社といえばリクルートエージェントや、JAC Recruitmentがお勧めです。企業と繋いでもらうことが可能。

  1. リクルートエージェント

    リクルートエージェントは、リクルート社が手がける積極的に海外で働きたいという方向けの特別なサービスです。

    国内最大規模の求人数を保有しているので、今回のようなたくさんの求人情報を収集したいケースではまず無料登録しておくと良いでしょう。

    コンサルタントと呼ばれる担当者が海外への転職支援を協力してくれるようになります。担当者が企業と交渉してくれて給与や、待遇アップを図ってくれるのもメリットがあります。

  2. JAC リクルートメント

    もう1つのJAC Recruitmentですが、こちらは海外や外資系に特化した求人を扱っている人材紹介会社です。

    マレーシアにも営業支店があり、現地情報を収集するのにも使えます。とくに現地採用での求人数が多いのでリクルートと併せて活用していくと良いでしょう。

マレーシアの求人が見つかる可能性が高い業界

どんな業界でも仕事があるかというとそうではありません。マレーシアは他国と比べて日本人の就労ビザが取りやすい制度になっていますが、偏りがあり、今国全体を上げて近代化・IT産業への推進が行なわれており製造業やIT系エンジニア職で働けるチャンスが開かれているといえます。

それから商社やメーカー系、金融関連の営業職、管理職もチャンスがあります。これらの職務経歴を持っている場合はよりマレーシア求人が身近なものとなるはずです。

就労ビザに関しては勤めている会社のほうで書類を申請してくれるので特に問題になるケースは少ないでしょう。上記のように転職しやすい業界は偏りがありますがコレ以外の求人が全く無いわけではありませんので諦めずに人材紹介会社に支援してもらいながら進めていきたいところです。

マレーシア人と共に働きたい方は現地採用を

これまでは駐在員として日本からマレーシアに赴任していく働き方について、求人がわりと見つかりやすいという話をしてきました。駐在員のほうが給料も高く、待遇もよく優雅な生活も可能になるのは確かです。手当も出ますしね。

しかしそうではなくて、マレーシア人と共に現地の環境で働きたいという方もいるかもしれません。その場合は現地採用を狙っていく事になります。

求人を探すのも、生活費を稼ぐのもシビアですが日本語教師や、日本人がらみの仕事であれば可能性が無いわけでもありません。日系企業では日本語が話せて、マレーシア人スタッフとコミュニケーションが取れ、管理できる人材を採用したいという声も多く聞かれます。そこを狙いたい方は日系の人材紹介会社や現地情報誌や人脈を活用しながら求人探しを進められれば良いと思います。

このページの先頭へ

バイトサイト